【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物の病気一覧 > 黒点病<症状と被害>

黒点病<症状と被害>

黒点病<症状と被害>

カンキツ類などに多く見られ、葉、枝、果実などを冒します。葉の表面に黒い針の先ほどの小斑ができ、その周辺は黄色く変化し、丸い病斑になり、若い葉の場合は枯死します。枝には同じように黒点ができ、病斑の進行が早いと、赤褐色となり枝枯れを引き起こします。果実の場合は、色づくと確認ができ、雨の多い6〜7月ごろに多く発生します。

「植物の病気一覧」内の記事一覧