【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物の病気一覧 > 半身萎凋(いちょう)病<症状と被害>

半身萎凋(いちょう)病<症状と被害>

半身萎凋(いちょう)病<症状と被害>

葉や株の半分(半身)だけに症状があらわれるので、「半身半身萎凋(いちょう)病」と呼ばれるもので、根から侵入した病原菌が、維管束の道管を冒し、葉や茎をしおれさせる病気です。高温時に発生する萎凋病と違って、半身萎凋(いちょう)病は、低温時に発生します。

「植物の病気一覧」内の記事一覧