【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > その他 > ビニールハウスでの病害虫退治

ビニールハウスでの病害虫退治

ビニールハウス内では、灰色カビ病、菌核病、ウイルス病などが多く発生し、それらは、胞子をつくるために紫外線を必要とします。そこで、紫外線を通さない、ビニールフィルムでハウスを覆ってしまえば、菌は胞子をつくることができず増殖しなくなります。
発生を媒介するアザミウマは、紫外線が入らない空間には入り込めないため、病気も害虫も防除できます。

「その他」内の記事一覧