【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物の病気一覧 > 黒星病<症状と被害>

黒星病<症状と被害>

黒星病<症状と被害>

葉、葉脈、茎、葉柄にすすカビ状の小さな黒斑点ができ、ギザギザになります。新梢では、最初は赤紫の楕円形の病斑ができ、冬になると中央が銀灰色となります。果実では、陽の当たる方に暗緑色の丸い斑点ができ、すすカビ状の病斑に変化します。
バラにとっては恐ろしい病気です。

「植物の病気一覧」内の記事一覧