【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物の病気一覧 > 萎縮病<症状と被害>

萎縮病<症状と被害>

萎縮病<症状と被害>

・ケシ類(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉脈や葉縁が黄化し、葉が縮れていき、茎や葉柄は丸まり、赤褐色のヤニを出す。
・タマネギ「(病原菌は、ネギ萎縮ウイルス)
葉に淡黄色のモザイク模様が現れ、ストライプ模様へと変わる。
・ナス(病原菌は、ファイトプラズマの一種)
葉は湾曲し、葉脈はねじれ黄色または紫黒色を帯びる。
・ニラ(病原菌は、シャロット潜在ウイルス)
葉の先端が外側にまき、モザイク模様と斑が発生する。生育不良を起こし、株は萎縮する。
・ネギ(病原菌は、ネギ萎縮ウイルス)
葉に黄緑色の斑入り模様や、ストライプ模様が発生し、株全体が萎縮する。
・ハクチョウゲ(病原菌は、サボテンXウイルス)
葉が奇形し、生育不良を起こし、梢も萎縮する。

「植物の病気一覧」内の記事一覧