【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物の病気一覧 > 株枯病<症状と被害>

株枯病<症状と被害>

株枯病<症状と被害>

・イチジク(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
苗木、幼木の新梢の先端の葉が日中はしおれているという状態になる。やがて下葉まで黄化した後、果実だけを残して落葉します。成木では、幹などにできた病斑により腐敗させていく。
・ミツバ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
株の外側から黄化し、褐色に変化して枯れる。多湿時には、葉柄の地ぎわは黒く腐敗し、しおれて枯死する。

「植物の病気一覧」内の記事一覧