【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物の病気一覧 > 茎腐病<症状と被害>

茎腐病<症状と被害>

茎腐病<症状と被害>

・カーネーション(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
地ぎわの茎は茶褐色に腐敗し、株は枯れるが根は冒されない。
・ケイトウ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種。多犯性)
地ぎわの茎は茶色〜黒褐色に腐敗し、株は地ぎわから倒れ、葉は萎縮し枯れる。
・ジュッコンカスミソウ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種。多犯性)
地ぎわの茎は水浸状に変色し、濃茶褐色に変化し腐敗する。
・ゼラニウム(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種。多犯性)
茎の下のほうから黒くなり、陥没し病変は上部へと上がっていく。葉柄、葉へと症状が広がり、縁は紅色をおびてすぼみ、葉身は黄色に変色する。
・ベゴニア(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
茎と葉に水浸状の斑ができ、枯れる。多湿時には、病斑上に、くもの糸のような菌糸が発生する。

「植物の病気一覧」内の記事一覧