【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物の病気一覧 > 黒斑細菌病<症状と被害>

黒斑細菌病<症状と被害>

黒斑細菌病<症状と被害>

・カリフラワー(病原菌は、細菌の一種)
葉に淡褐色または灰褐色の病斑ができ、茎や花柄では黒褐色の病斑ができる。
・キャベツ(病原菌は、細菌の一種)
葉に小さな水浸状の斑点ができやがて壊死斑点となる。茎、花柄は黒色紡錘形の病斑ができる。
・ゴボウ(病原菌は、細菌の一種)
葉に暗緑色の小斑点が生じ、拡大後中央が灰白色になる。病斑は大斑となり、乾燥し硬くなり破れやすくなる。
・ハクモクレン、モクレン(病原菌は、細菌の一種)
葉脈や葉縁にそって斑点ができ、やがて黒褐色の病斑となり黄色のぼかしをともない葉枯れ状態となる。斑の裏には白い菌泥が発生している。
・ダイコン(病原菌は、細菌の一種)
葉には水浸状の斑点が生じ、やがて灰色〜褐色の病斑に変わる。葉柄、茎、花柄では水浸状の斑点が生じ、やがて黒色の綿状の病斑になる。

「植物の病気一覧」内の記事一覧