【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物の病気一覧 > 白星病<症状と被害>

白星病<症状と被害>

白星病<症状と被害>

・アオキ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉に褐色の斑点が生じ、拡大後灰白色で周囲が褐色に縁どられた縁斑となる。病斑上には、胞子のもととなる黒い小点が形成される。
・ケヤキ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉に小褐斑が生じ、拡大した後中央部が灰白色の不定形斑となる。病斑上に黒点ができ、湿度が高くなると白い粉状の物質がしみ出る。
・ムクゲ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉に小褐斑が生じ、やがて縁が褐色で中が灰白色の大斑になる。病斑の周囲は黄化し、落葉する。

「植物の病気一覧」内の記事一覧