【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物の病気一覧 > すす斑病<症状と被害>

すす斑病<症状と被害>

すす斑病<症状と被害>

・イチョウ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉の先端の縁から枝に向かい扇型の茶色の斑が生じ、葉を覆っていく。病斑の裏表にすす状の小点が輪紋のように発生し、病斑の周囲の葉は黄化し、落葉する。
・リンゴ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
果実の表面に黒いすす状の斑が生じ、菌は表皮で生育し、内部に侵入することはない。

「植物の病気一覧」内の記事一覧