【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物の病気一覧 > 灰斑病<症状と被害>

灰斑病<症状と被害>

灰斑病<症状と被害>

・イヌエンジュ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉に灰褐色の小さい斑ができ、やがて中央が灰白色、周囲が灰褐色の大斑となる。病斑上に無性胞子のもとになる暗褐色〜橙褐色の小点が多数発生する。
・カンバ類(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉に灰褐色の病斑が現れ、扇形に広がっていく。病斑上には小黒点が現れ、同心円状の模様になる。
・ハコネウヅキ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉脈に区切られるように褐色の四角い病斑が発生し、中央が灰褐色〜灰白色の不定形の斑となる。のちにすすカビ状の菌体に覆われる。
・ビワ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉に褐色の斑点が生じ、過日には水浸状斑ができ腐敗する。腐敗部には白色の菌ができ黒色の分生子の塊を形成する。

「植物の病気一覧」内の記事一覧