【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物の病気一覧 > 白斑病<症状と被害>

白斑病<症状と被害>

白斑病<症状と被害>

・カシ類(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
若葉に淡褐色〜灰褐色の斑点ができ、やがて汚白色〜灰白色に変化し周囲が赤褐色となる。
・シャリンバイ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉に褐色の病斑ができ、病斑上には黒色の小黒点ができる。
・タブノキ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
若葉に水ぶくれの状の黄色のふくらみができ、患部に白い塊ができる。
・ハクサイ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉に灰褐色の水浸状の斑点ができ、中央部は灰白色になり破れやすくなる。症状が進むと葉は火であぶられたようになり、しおれ枯死する。

「植物の病気一覧」内の記事一覧