【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物の病気一覧 > もち病<症状と被害>

もち病<症状と被害>

もち病<症状と被害>

・チャ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉の表に淡褐色の小斑ができ、拡大しくぼむ。葉の裏はその分膨らみ白く丸もち状となる。若枝は、黄褐色の病斑の上に白い丸もち上の物質がわずかにできる。
・ツツジ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
花びらと若葉が耳たぶのように膨らむ。患部は淡緑色〜淡紅色だが、やがて白い粉で覆われ、落下する。
・ツバキ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
花芽が球状に膨らみ、果実は肥大する。患部は白い粉で覆われ、やがて黒色に変化し枯死する。
・サザンカ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
若葉が緑白色、黄白色、淡紅色に変色し、膨張する。葉の裏は白い粉で覆われ枯死する。

「植物の病気一覧」内の記事一覧