【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物の病気一覧 > 輪斑病<症状と被害>

輪斑病<症状と被害>

輪斑病<症状と被害>

・イチゴ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉に灰褐色の円斑ができ、壊死し紫褐色に変化する。進行すると輪紋が現れ、中央は灰褐色、周囲は紫褐色をおびる。さらに葉の縁にまで広がると大型病斑となり、病斑上には小黒点が生じる。葉柄、ランナーでは、赤紫のくぼんだ病斑ができる。
・チャ(病原菌は、カビ(糸状菌)の一種)
葉の傷口から、褐色で輪紋のある病斑が生じ、落葉する。枝は切り口から壊死が広がり枯れていき、病斑上には、小黒点が散在する。

「植物の病気一覧」内の記事一覧