【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物別病害虫診断(野菜) > コマツナ

コマツナ

コマツナは、アブラナ科アブラナ属の多年草で、収穫期は周年です。コマツナは、江戸時代初期に現在の東京都江戸川区小松川付近で、ククタチナ(茎立ち)を品種改良して栽培され始めたとされており、将軍綱吉の鷹狩りの際に献上され、そのときに地名から小松菜の名がつけられたのが由来とされています。
コマツナの病気には、炭疽病、萎黄病、モザイク病、白さび病、苗立枯病があり、ハスモンヨトウムシ、ナモグリバエ、カブラハバチ、キスジノミハムシ、コナガという虫がつきます。
詳しくは、植物の病気一覧&植物の害虫一覧をご覧ください。

「植物別病害虫診断(野菜)」内の記事一覧