【PR】キャンプと自然の写真集
自然の素材写真集

HOME > 植物別病害虫診断(庭木・花木) > シャクナゲ類

シャクナゲ類

シャクナゲ類は、ツヅキ科ツヅジ属の常緑低木で、樹高は約2〜4mとなります。鈴鹿の山々には、シャクナゲがあちこちに見られ、鎌掛(かいがけ)谷に自生するホンシャクナゲは、滋賀のシャクナゲで有名ものになります。
シャクナゲ類の病気には、炭疽病、灰色カビ病、ペスタロチア病、葉斑病があり、グンバイムシ類、チャハマキという虫がつきます。
詳しくは、植物の病気一覧&植物の害虫一覧をご覧ください。

「植物別病害虫診断(庭木・花木)」内の記事一覧